YouTuberの稼ぎ方をわかりやすく解説!広告収入の仕組みとは?

      2018/01/15

いまや子供の将来なりたい職業ランキングにも上位にランクインしてくるYouTuber

ヒカキンやはじめしゃちょーなど、トップYouTuberにもなると年収○億円稼いでいるなんて話も聞きますよね…?

しかしそんなYouTuberたち。動画を見ている側は1円たりとも払っていないのに、一体どうやってお金を稼いでいるのでしょうか?

この記事ではYouTuberたちがお金を稼ぐことができる仕組みを解説していきます!

YouTuberという職業とは?

「好きなことで、生きていく」の画像検索結果

はじめしゃちょー……ヒカキン……

 

いまや数多くの人気YouTuberが出現し、日々面白い動画を投稿して私たちを楽しませてくれますよね。

少し前までは考えられないことでしたが、現在世間では“YouTuber”というものが一つの立派な職業として認められつつあり、彼らに憧れてYouTuberを目指すという子供も非常に多いです!

子供の将来なりたい職業ランキングといえばスポーツ選手や医者なんかが定番でしたが、それらと並ぶほどYouTuberという職業は人気のようです。

 

しかしそれもそのはず!

トップYouTuberになれば年齢に関係なく多額の収入を手に入れることができますし、何より見ていて楽しそうですよね!

「好きなことで、生きていく」のキャッチコピー通り、もし自分の好きなことが仕事にできるならこれ以上ないほどのモチベーションにもなると思います!

テレビ離れが深刻化している一方、子供でもスマホやタブレットなんかで好きなだけYouTubeを見ることができるのですから、親近感も湧くのでしょう。

 

そこで!

今回はそんなYouTuberがどうやってお金を稼いでいるのか!

その仕組みを解説していきます!

 

YouTuberが稼げる仕組みとは?

子供の憧れの職業の上位にもランクインするほどのYouTuber。

トップYouTuberにもなると年収○億円という大金を稼いでいるなんて話も聞きますよね。

しかしユーザーは別に動画を見るたにお金を払っているわけではありません…。

 

それではYouTuberはお金を稼ぐことができるのでしょうか?

ここからはYouTuberがお金を稼ぐことができる仕組みを解説していきます!

 

YouTuberが稼げるのは広告収入!

YouTuberが稼げているのはお金はズバリ広告収入によるものです。

 

「YouTubeパートナープログラム」というのですが、YouTuberはこのプログラムに参加すると、自身の動画に広告(Googleアドセンス広告)を表示させることができます!

よく動画が始まる前にCMが入ったり、画面の下の方に表示されたりしていますよね?

 

動画が再生されるということは広告を宣伝するということになるので、下の画像のような関係性が成り立ちます。

  • YouTubeはCMなどの広告主から広告掲載料をもらう
  • YouTuberは広告の宣伝料としてYouTubeから報酬をもらう
  • ユーザーはYouTuberが投稿する動画(と広告)を見る
  • 広告主は動画を見たユーザーに商品・サービスをPRすることができて売上アップ

かなり簡単に説明しましたが、この4つの関係ができますよね?

もう知っている人にとっては常識だと思いますが、知らない人もこれでYouTuberがお金を稼ぐことができる仕組みを理解していただけたと思います。

 

広告の種類

それでは次に動画に表示される広告の種類を紹介していきます!

それぞれの広告が表示されたりクリックされたりすることで報酬が発生するのですが、種類によって特徴があるので、ここも解説しておきます。

・インストリーム広告

YouTubeで動画が再生される前や再生されている途中にCMやアンケートがよく表示されますよね?

これはインストリーム広告と呼ばれます。

CMの長さはだいたい数秒のものから数分と様々で、またスキップが可能・不可能と広告によって色々な種類があります。

ユーザーに強制的にCMを観せることができるので宣伝力が大きいです。

・オーバーレイ広告

動画の下部分によく表れる広告がオーバーレイ広告です。

表示を消さなくても動画を視聴することはできますが、右上の×ボタンで非表示にすることができます。

こちらも必ずユーザーの目に入るので宣伝力は大きいです。

・サイドバー広告

文字通り、画面の右上部分のサイドバーに表示されるのがサイドバー広告です。

動画に干渉することはないので、ほとんどのユーザーは気にしていないでしょう。

もちろん他の2つに比べればクリック率はかなり低く、宣伝力は低いですね。

企業タイアップも大きな収入源

解説した通り、YouTubeの主な収入源はもちろん動画による広告収入なのですが、人気YouTuberになると企業タイアップを依頼されることも多いです。いわゆる”企業案件”というやつですね。

よく人気YouTuberが動画で人気のスマホアプリなんかを紹介していたりしますよね?ああいうやつです。

 

当然再生回数が多かったり、チャンネル登録者数が多かったりと人気YouTuberになればなるほどその影響力・宣伝力は凄まじいものになるので、トップYouTuberになるとタイアップ一件につき数十万〜数百万円は当たり前です。(というより人気YouTuberでないと企業タイアップの依頼が来ないと思いますが…)

またフリーで活動しているよりはYouTuber事務所・MCNに所属している方が依頼も多くなりますね。大手事務所のUUUMやVAZなんかに所属しているYouTuberは頻繁にPRしていると思います。

 

しかしYouTuberのイメージに応じて依頼される商品の傾向は変わってきますし、中にはそういった企業案件は引き受けないというポリシーを持って活動しているYouTuberもいます。

ですが人気YouTuberになればなるほど、その収入のうち企業タイアップの報酬が占める割合は多くなっていくでしょう。

それだけYouTuberに需要があるという時代ということですね。

 

YouTuberの収入とランキング

YouTuberが稼げる仕組みを理解したところで、次に「どれくらい稼げるのか?」ということを解説していこうと思います!

今や若くてもトップYouTuberになって大金を稼いでいる人も少なくないですよね。

やはり憧れのYouTuberがどれくらいのお金を稼いでいるのかは誰でも気になると思います。

 

しかし残念ながら、YouTuberが自ら具体的な報酬金額を明かすのはYouTubeの規約で禁止されています。

そこでよく耳にするのが…

再生回数1回につき0.1円

という計算式ですね。

 

1万回再生されれば1,000円…

10万回再生されれば1万円…

という計算になりますが、実はこれ…大きな間違いらしいです!

 

確かに再生回数が多ければ多いほど収益も伸びていくのは間違いありません。

しかし再生回数以外、例えば“再生時間”によってももらえる報酬金額は大きく違ってきます!

つまり…

  • 5分の動画が1万回再生
  • 10分の動画が1万回再生

この二つなら後者の方が収入は大きくなります。

再生回数と再生時間、また他の要素など具体的な基準もYouTubeの規約上明かされていないですし、その仕組みは年々変わってきているそうです。

 

しかし!

だいたいではありますが、実は人気YouTuberがどれくらいの収入を得ているのか調べる方法があるんです。

それが「SOCIAL BLADE(ソーシャルブレード)」というサイトを利用すること!

こちらの記事ではそのソーシャルブレードの使い方を詳しく解説しているので、興味がある方はぜひご覧くださう!

YouTuberの年収丸わかりのSOCIAL BLADE(ソーシャルブレード)とは?使い方を解説!

関連記事

 - その他