バーチャルYouTuberとは?ランキングベスト5と四天王を紹介!

2017年の後半から徐々にその知名度を上げてきたバーチャルYouTuber

認知され始めたのは最近のことですが、トップレベルにもなると圧倒的なスピードで人気を伸ばしてきています!

 

しかしまだまだバーチャルYouTuberのことを知らない人も多いと思います。

そこでこの記事ではバーチャルYouTuberとはなんなのか?またその中でも特に人気があるバーチャルYouTuber四天王を紹介していきます!

バーチャルYouTuberって何?

そもそも「バーチャルYouTuberって何?」という人のために、まずはバーチャルYouTuberとはどういうYouTuberなのかを解説していきます!

 

バーチャルYouTuberとはバーチャルという文字の通り、2D、あるいは3DCGの架空のキャラクターを登場させる動画を配信しているYouTuberのこと。

実際の人物ではなくキャラクターが登場する、というところ以外は結構普通のYouTuberと似通っていて、それぞれ外見や声も異なれば性格も千差万別です。

 

最初に誰が始めたかは曖昧なところなのですが、少なくともバーチャルYouTuberの存在を世に広め、同時に1番チャンネル登録者数が多いのは「A.I.Channel」というチャンネルで活動している「キズナアイ」。

YouTubeでチャンネルが開設されたのは2016年の12月なのでもう1年以上経つんですね。

ちなみにAIとついているため人工知能で動いていると誤解されがちなのですが、そういうわけでもありません。

バーチャルYouTuberの仕組みについては後述します。

 

バーチャルYouTuberが本格的に流行りだしたのは2017年末ごろからでしょうか?

その頃からはキズナアイ以外にも数々のバーチャルYouTuberが登場するようになり、早くもバーチャルYouTuber四天王なんてものが確立されてきています。

それについても後で詳しく解説しますね。

 

動画の内容はそれぞれなのですが、基本的には普通のYouTuberのようなやってみた系の企画をしている場合が多いように感じます。

ただそれにバーチャルならではの要素が加えられたりもしていますが。

 

今ではその人気は国内にとどまらず、YouTube界に“バーチャルYouTuber”という新しいジャンルが確立されたと言っても過言ではありません!

 

バーチャルYouTuberってどういう仕組みでできてるの?

それにしてもバーチャルYouTuberってどういう仕組みで作られているのでしょうか?

ものによって様々ですが、キズナアイのようなクオリティの高いバーチャルYouTuberにもなると動きも滑らか、表情豊かでかなり完成度が高いです。

 

先ほども言った通り、キズナアイのチャンネル名が「A.I.Channnel」と表記されるため「AI(人工知能)がどうのこうの…」みたいな感じで勘違いする人が多いのですが、実際は「3Dモーションキャプチャー」という技術が使用されています!

解説動画もありました!

こちらの動画の内容の通り、マイクはもちろん、全身に機材を装着。それによりキャラクターに自分の動きをリンクさせます。

なので声だけでなく、体の動きも中の人のものが反映されているということになりますね。

 

ですがこうなるとかなり専門的な技術と知識が必要となってきますよね。

最近バーチャルYouTuberが乱立してきてはいますが、一方で素人が一人でやるにはかなりハードルが高い仕組みになっています。

 

とは言え、その仕組みはバーチャルYouTuberによって様々であり、全員が全員3Dモーションキャプチャーを使用しているわけではないようです。

動きの滑らかさや表情の再現度なんかは結構個体差がありますよね。

この先もっとバーチャルYouTuberが普及していけばもっとやり方が定まっていくと思いますが、現時点ではまだそこまで確立されていないです。

人気ランキングベスト5“四天王”を紹介!

次にそんなバーチャルYouTuberの中でも最もチャンネル登録者数が多い5人を紹介していきます。

ちなみにだいたい2017年後半頃から流行しだしたバーチャルYouTuberですが、早くもその5人は「バーチャル四天王」なんて呼ばれていたりもします。

 

「5人なのに四天王ってどういうこと?」と疑問に思いますが、ポケモンに習い、圧倒的な人気を誇るキズナアイをチャンピオンと定め、残りの4人が四天王なんだとか。

あるいは「五傑」と称されることもあるようですね。

ともかくこの5人が結構下に差をつけて人気があるので、「5人揃って四天王」とされています。

1位:キズナアイ

先ほどから何度も名前を出していますが、「今のところバーチャルYouTuberといえばこの人!」と言えるのがキズナアイ。

「A.I.Channel」というチャンネル名でYouTubeに動画を投稿しています。

 

2016年12月にチャンネルを開設して以降、わずか1年と少しでチャンネル登録者数が140万人を突破しています。

他のバーチャルYouTuberとはかけ離れた圧倒的な人気を誇っていますね。

チャンネル登録者数140万人なんて十分トップYouTuberと言える数字ですよね。そこらへんのマイナーYouTuberよりよっぽど知名度があります。

 

そんなキズナアイの特徴はまさに王道な可愛さ。

ピンクのリボンがついたカチューシャと、所々ピンク色のメッシュが入ったロングヘアー、またセーラー服のような衣装はキャッチーですよね。

 

動画投稿頻度もほぼ毎日なので、コンテンツの量もかなりのもの。

最近は外国人にも人気のあるバーチャルYouTuberですが、キズナアイの動画は投稿されるやいなや、すぐさま複数言語の字幕がつくほど世界中にファンが存在します。

 

またサブチャンネルとしてゲーム実況チャンネルもあるのですが、そちらもすでにチャンネル登録者数が60万人と2位以下のバーチャルYouTuberよりも多い数字となっています。

 

2位:輝夜月

今のところ2番目に人気があるバーチャルYouTuberは輝夜 月!読み方は“カグヤ ルナ”です。

ふわっとした銀髪と大きく胸元が開いた衣装が特徴となっているのですが、何より印象に残るのはその性格!

動画を見ると一瞬でわかるのですが、その可愛らしい見た目からは想像できない破天荒な性格をしています(笑)

 

ちなみにその癖のある奇声が発せられるところからついたあだ名は

  • 首絞めハム太郎
  • 見るストロングゼロ
  • コカインちゃん

など(笑)

有名なのはこの辺ですが、他にもかなり個性的なあだ名がありますね。

 

そんな輝夜月のチャンネルが開設されたのは2017年12月とかなり最近のこと。

そのためまだ動画も十数本しか投稿されていないのですが、強烈なキャラクターのため、約2ヶ月というかなり短い期間でチャンネル登録者数は40万人を突破!

キズナアイに次ぐ人気となっています。

まだチャンネル登録者数はかけ離れているのですが、このままいけば肩を並べるほどの人気を獲得するかもしれませんね。

 

ちなみにそのキズナアイとは結構仲が良いようで、キズナアイのことを「親分、親分」と呼ぶんでいます(笑)こんなところにも軽快な性格表れていますね。

一方キズナアイからは「つきちゃん」と呼ばれており、Twitterなんかでよく絡んでいます。

3位:ミライアカリ

「Mirai Akari Project」として2017年10月に活動が開始されたミライアカリが3位!

こちらは初音ミクのKEIさんがデザインしたキャラクターです。

 

金髪のツインテールと青のリボンがチャームポイントで、白×ピンクのイメージが強いキズナアイに対して、黄×青というカラーが基調になっていますね。

ミライアカリも王道の可愛い女の子という印象ですが、動画内容は割と下ネタも絡んでいて、そこらへんはちょっとキズナアイと路線を外してきています。

「ハロー!ミライアカリだよ!」という挨拶が毎回恒例の決まり文句ですね。

 

またそんなミライアカリの動画はとにかく完成度が高い!

編集の技術が素晴らしく、普通のYouTuberではまずできないようなアングルなどが目立ちます。そこらへんはバーチャルの強みをよく活かせていますね。

動きや表情も滑らかで、正直動画の制作にはかなりの人手と費用がかかっているのではないかと思われます。

 

ちなみに先ほども言った通りミライアカリ自体が始まったのは2017年10月と割と後発組なのですが、前身となるエイレーンのチャンネルを次いでいるので、チャンネル登録者数は40万人以上とかなり多いです。

2位の輝夜月とほぼ同数ですね。

 

4位:電脳少女シロ

「アイドルになっていつか武道館でコンサートをするのが夢!」というキャラクター設定の電脳少女シロ。

チャンネル開設は2017年6月なので、結構早い段階から参入しています。

 

白を基調とした外見とアホ毛が特徴。衣装にいくつかのバリエーションがあることも視聴者にとっては嬉しいですね。

「アイドルに憧れている」というだけあって、踊ってみた動画なんかも数多く投稿されています。

FPSゲームが得意のためゲーム実況動画も多く投稿されており、また英語・スペイン語・ドイツ語など外国語にも秀でていて、海外のファンウケしそうな動画もあります。

 

ちなみにつけられたニックネームは「シロイルカ」(笑)

ときどきイルカの鳴き声のような引き笑いをするためそんな呼称がつきました。

 

5位:バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん

最後に紹介するのは「バーチャルのじゃロリ狐娘おじさん」。やたら長い名前ですが、これが正式名称です。

最大の特徴はその声。名前におじさんと入ってるのですが、文字通り中身はめちゃくちゃおじさん(笑)

可愛い女の子の外見をしているにも関わらず、野太いおじさんの声で喋るというシュールさが人気の理由ですね。

 

本格的にバーチャルYouTuberとして活動を開始したのは2017年11月。

当初は外見と中身のあまりのギャップにバーチャルYouTuber界に衝撃が走りましたね(笑)

しかしそれが視聴者のウケて見事四天王入り。現在20万人以上のチャンネル登録者を抱えます。

 

正式にはこのキャラクターの名前は「みここ」というそうなのですが、ケモミミ大好きな本人のこだわりのデザイン。

ちなみにキャラクターの設定上、下駄込みで身長137.591cmらしいです。

 

まとめ

バーチャルYouTuberについて一通り紹介してみましたが、いかがでしょうか?

 

一見どれも同じようなキャラクターだと勘違いされがちな彼女ら(一部彼)ですが、その成長スピードは目を見張るものがあります。

また今はキズナアイの独壇場と言えるバーチャルYouTuber界。

しかし他にも数々のバーチャルYouTuberが乱立してきており、もしかするとキズナアイの立ち位置を脅かす存在が現れるかもしれませんね。

 

また正直普通のYouTuberは飽和状態になりつつありますし、バーチャルYouTuberは新たなジャンルとして今後ももっと伸びていくことでしょう!

まさにニコニコ動画で言う初音ミクのような感じですよね。

 

ちなみにこちらの記事ではバーチャルYouTuberに関するより詳しい情報や担当する声優などを紹介しています。

バーチャルYouTuber四天王とは?声優・中の人が判明!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です