すしらーめんりくがUUUMを辞めた理由は?次はどこの事務所に?

チャンネル登録者数400万人以上の大人気YouTuber「すしらーめんりく」ですが、以前からUUUM脱退説が噂になっていますね。

ただそれに関して本人や事務所は一切コメントせず、真相は不明となっているので、すしらーめんりくの現状や今後についてまとめていきます。

※2019年7月7日にすしらーめんりくがUUUMを脱退したと正式に発表しました。詳しくは後述に追記してあります。




すしらーめんりくはUUUMを辞めた?

すしらーめんりくのUUUM脱退説がささやかれたのは2018年夏頃。

UUUMの公式HPのクリエイター一覧からも名前が消え、すしらーめんりくのSNSアカウントのプロフィール欄からもUUUMの記載がなくなりました。

連絡先の住所やメールアドレスも個人のものになっています。

すしらーめんりく本人やUUUMから正式発表があったわけではないのですが、少なくともUUUMを脱退したのは間違いなさそう…。

100%ではありませんが、かなり信憑性は高そうです。

やっぱり辞めていない?

と思いきや、脱退説が流れてからしばらくして「すしらーめんりくはやっぱりUUUMを辞めていない!」という意見が出てきたのですが、その根拠となったのがUUUMの決算資料の中の一部。

実際の画像がこちらです。

国内におけるチャンネル登録者数ランキングなのですが、UUUM所属は青文字、その他はグレーで表記されています。

そして肝心のすしらーめんりくが9位にランクインしていますが、こちらも青文字。

つまりこの資料を見る限りでは「すしらーめんりくはUUUM所属」と捉えることができます。

ただそうなるとどうして公式HPから名前が消えてしまったのでしょうか?

結局その説明をすることができないので、やはりどちらかだと断言することはできません…。

辞めているとしたら理由は?

仮にすしらーめんりくがUUUMを辞めたとすると、その理由はなんなのでしょう?

すしらーめんりくは動画を見ても分かる通り超が付くほどの好青年ですし、UUUMも業界最大手なだけあって所属YouTuberへのサポートは手厚いです。

とても不仲が原因で脱退したとは思えません。

少なくともUUUM側からすればすしらーめんりくのような大人気YouTuberを脱退させる利用はないはず…。

となるとすしらーめんりくにとってUUUMに所属するデメリットがメリットを上回ったということでしょうか?

ということで一度UUUMに所属するメリットとデメリットを並べてみましょう。

UUUMに所属するメリット
・事務所やマネージャーによるサポート
・イベント
・グッズ販売
・ファンレターやプレゼントの受け取り
・他YouTuberとのコラボがしやすい
・企業案件が受けやすい
・所属していること自体がステータス
UUUMに所属するデメリット
・広告収入のうち一定割合を還元
・動画内容が制限されてしまうことがある

まず「広告収入のうち一定割合を還元」ということに関してですが、噂ではUUUM所属のYouTuberは広告収入のうち2割を還元しなければいけないとのこと。

すしらーめんりくがお金に執着するとは思えませんが、もしかするとここが理由なのでしょうか?

そして「動画内容が制限されてしまうことがある」ということに関してですが、これは確かに気がかりなところです。

すしらーめんりくの動画はスケールが大きくてインパクトがありますが、その分危険が伴いますし、実際これまでにも何本か動画を削除しています。

ただ最近のUUUMはYouTubeの規約さえちゃんと守っていればだいぶ自由にやらせてくれる印象なので、ここも所属しているかどうかはあまり関係ないのではと。

そんなことを言ったら東海オンエアやワタナベマホトなんてやってられません(笑)

それにやっぱり圧倒的にメリットの方が多いですよね。

特にすしらーめんりくの動画では特別な施設や機材が必要になることも少なくないので、UUUMのような大手事務所に所属していると色々手配してもらえそうです。

またまだ20歳になったばかりの彼を守ってくれる、という意味でも事務所の存在は大きいと思います。

他にUUUMを辞めたYouTuberは?

ちなみにこれまでUUUMを辞めたYouTuberで人気どころでいうと以下の4人が挙げられます。

  • AAAjoken toys(380万人)
  • Kan & Aki’s CHANNEL(260万人)
  • プリンセス姫スイートTV(145万人)
  • げんじ(50万人)

※チャンネル登録者数は2019年6月時点のものです。

どのYouTuberもこれといった発表もなくいつの間にかUUUMを辞めることになりました。

ただAAAjoken toyに関しては脱退以前から事務所と方向性が食い違っていたことがTwitterでわかっており、ファッションYouTuberのげんじに関してはオリジナルブランド「LIDnM」を何度も炎上させたことでクビになってしまったという噂も…。

しかしはっきりとした理由はやはりわかっておりません。

それか結局は事務所によるサポートが必要なくなったから脱退したということも考えられますよね。

「自分一人でもYouTuberとしてやっていける、それならばわざわざ収入の一部を取られてまで事務所に入る必要はない」

ちょっと生々しい話ではありますが、それならば納得はいきます。

事務所移籍?フリー?

またすしらーめんりくがUUUMを辞めていたらという前提の話ですが、今後は新しい事務所に移籍するのか、それともフリーで活動していくのかどちらなのでしょうか?

先ほども言った通り、すしらーめんりくらしいスケールの大きい動画を作るのであればやっぱり事務所に所属していた方が色々協力してもらえると思います。

となると他の事務所でいうと「VAZ」や「Kiii」が有名ですが、正直これらに所属することは考えにくいです。

理由は簡単で、UUUMの方が良い事務所だから。

なので脱退した理由がUUUMと喧嘩したことでもない限り、他の事務所に所属することはありえないと思うので、やはり今後はフリーで活動していくという説が濃厚ではないでしょうか?

追記:UUUM脱退を正式に発表!

脱退したかどうかずっと不明確なままでしたが、2019年7月7日、すしらーめんりくがオフィシャルブログでやはりUUUMを脱退していたことを正式に発表しました!

以下、その一部の引用文です。

去年の春にUUUMさんを脱退致しました。
とてもお世話になった会社様でした。 内容は一切お話をしてはならないと言われているのでそこには今後とも触れる事は出来ませんが、決して悪い関係になったわけではありません。とてもよいスタッフさんや頑張っている方がいらっしゃる所でした。 中学1年生になり、スタートはYouTubeという名前も知らないまま動画の撮影と投稿をスタートをして、高校生になってからお誘い頂き、恐らく3年間年間程お世話になりましたが、全ての方へのお礼のメールは念の為1年間は自粛すべきという結論でした。でもお礼だけはどうしてもしたくて申し訳ない気持ちでした。そして遂にお伝え出来る時が来ました。 仲良くして下さったUUUMさんのクリエイターの皆様、UUUMさんの中では特別良くして下さったよっちさん、そしてスタッフの皆様本当にありがとうございました!!誤解の無いように捕捉致しますと、お互いの合意により脱退致しました。後にに濁るような事はございませんので憶測は無用です。今もUUUMさんには家族が連絡を取る事もありますし、もしかしたら学業が落ち着いた頃にはUUUMさんのイベントには僕からお願いを出させて頂く事が いつかはあるかもしれないので、その時はUUUMさんや皆様にご連絡をしてお願いするつもりです。 皆さん本当にありがとうございました!

https://ameblo.jp/sushi-ramen/entry-12491429831.html

重要なポイントをかいつまんでまとめると

  • 2018年春には既にUUUMを脱退していた
  • 内容は一切明かすことはできない
  • しかし不仲のように関係が悪化したわけではない

ということですね。

ただ気になる点は「もしかしたら学業が落ち着いた頃にはUUUMさんのイベントには僕からお願いを出させて頂く事が いつかはあるかもしれない」という部分。

UUUMに復帰する可能性があるとも捉えられますが、「学業が落ち着いた頃には…」ということを逆に考えれば学業が理由でUUUMを脱退したということでしょうか?

現在20歳で慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に通っているすしらーめんりくですが、大学に通い始めてからは勉強に専念しているのか投稿頻度が低下。

現在はおおよそ2週間に1本程度となっています。

ただこちらのインタビュー記事にもあったのですが、このインタビュー記事が公開された2018年5月時点では少なくともYouTube活動を辞めたり休止したりする気はないようです。

しかし今後の展開については色々試行錯誤しているようで、YouTubeでも大学でも挑戦したいことがたくさんある様子。

かなりスケールが大きいことも語っていますが、確かにそんなに大きいことをしたいなら事務所の協力があった方が実現できる可能性が上がるかもなとも思います。

個人的にはいつかUUUMに戻ってきてまた他のYouTuberとも頻繁にコラボしてほしいなと思っていますが、この先YouTuberとしてどんな活動をしていくのか、あるいは別のジャンルに挑戦していくのか、非常に楽しみです!