YouTuberに顔出しは必要なのか?メリット・デメリットを解説

YouTubeを始める上でおそらくほとんどの人が悩むポイントの一つが「顔出しは必要なのか」という点だと思います。

顔出しをするとまあまず間違いなく本人であることがバレてしまいますが、それが原因でもしかすると何らかのトラブルが起きる可能性だってありますし、単純に恥ずかしいと感じる人もいるでしょう。

そこで今回は顔出しすることのメリットやデメリット、そして結局顔出しをした方がいいのか、という点について説明していきます。




YouTuberに顔出しは必要?

冒頭でも言いましたが、YouTube活動を始める際にほとんどの人は顔出しをしようか悩むと思います。

少なくともトップYouTuberのほとんどは顔出ししていますし、定番のやってみた系YouTuberに関してはほぼ100%です。

顔出しすることによるメリットとデメリットは次から詳しく説明していくので、簡単にチェックしてみてください。

顔出しするメリット

顔=最大の個性

まず顔出しすることの最大のメリットとも言える点は「顔=最大の個性」、つまり他のYouTuberと差別化されるということです。

今のYouTube業界ではどんどん新しいYouTuberが増えてきていて似たような動画を投稿している人も多いです。

その競争で勝ち残っていくにはより面白い動画を作っていくのは大前提なのですが、さらに有利になるには「視聴者に覚えてもらうこと」ですよね。

個性の出し方や他との差別化は様々な方法がありますが、顔出しは最も手っ取り早い方法の一つでしょう。

一時期はラファエルの仮面をつけている底辺YouTuberが続出していましたが、あれは最初に仮面をつけたラファエルだからこそ個性になっているだけで、後で真似したところで意味はありません。

親近感が湧く

また顔出しをすると視聴者に自分のことをより深く知ってもらうことができるので、自然に親近感が湧きます。

極端な話、普通の生活で仮面をつけている人と出会ったところで友達になんてなりたくないですよね?(笑)

つまり「顔出しをする=親近感が湧く=ファンになりやすい」ということです。

イケメン・美人なら圧倒的に有利

またもしあなたがイケメン・美人であれば顔出しをした方が圧倒的に有利です。

これに関してはもう理由を説明するまでもないと思いますが、顔が良いとそれ自体が非常に強力な武器になりますし、実際トップYouTuberはイケメン・美人率がかなり高いです。

顔出しするデメリット

恥ずかしい

次は顔出しのデメリットを解説していきたいと思いますが、まずは単純に恥ずかしいということですよね。

今でこそ“YouTuber”という単語は誰もが知っているほどの知名度がありますが、もし自分がYouTubeに動画を投稿していることが知り合いにバレて、「おいおい、お前YouTubeなんてやってんの?www」なんて言われようものなら顔から火が出るほど恥ずかしいです(笑)

昔に比べれば随分マシになってきていはいますが、この「恥ずかしい」というハードルは未だ低くないでしょう。

身元が全部バレる

また当然ですが身元がバレます。

本名・住所・年齢・出身地・出身校・身長・体重・血液型・恋愛歴などなど、少なくとも人気が出てこれば全部バレます。

もちろんそれがトラブルの原因になる可能性だってありますよね。

例えばはじめしゃちょーや東海オンエアのてつやはストーカーにつきまとわれて事件になっていましたし、ヒカルがVALU騒動を起こした際は実家の方がかなり被害にあっていたそうです…。

おブスなら不利になるかも…

先ほどイケメン・美人なら有利になると言いましたが、現実問題としてその逆、つまりおブスの人は不利になってしまうことは十分考えられます。

まあたそなんかは例外ですが、例えばビューティー系の女性YouTuberって大概美人ですし、そこにおブスが入り込む余地なんてほぼゼロ…。

ただしこれはジャンルによって違い、例えばエンタメ色が強い動画であれば個性が強い顔は良い意味でネタになりますよね。

なので一概には言えないのですが、一つ間違いないのは清潔感はあった方が良いということ!

既に人気があるのであればともかく、これから活動を始める場合、第一印象が不潔だと最悪です。




できたら顔出しした方が良い

顔出しのメリット・デメリットを解説してきましたが、ここで一旦結論を言っておくとできれば顔出しはした方が良いです。

結局「顔出しをした方が人気が出やすい」というところが何より重要だからですね。

デメリットがないわけではないので絶対とは言い切れないのですが、天秤にかけるとどうしても「顔出しをした方がいい」という方に傾きます。

しかしそこは個人によって重要度が異なると思うので、あくまで参考程度に留めておいてください。

顔出しが必要じゃないジャンル

「できれば顔出しはした方がいい」ということは間違いないのですが、実は別に顔出しがいらないジャンルも存在します。

メジャーどころだと例えば以下のジャンルですね。

  • ゲーム実況系
  • 料理系
  • 歌ってみた・弾いてみた系
  • アート・モノ作り系

上のようなジャンルだと顔出しは比較的重要ではないのですが、その理由はそれぞれ本人以上に大切な要素があるから。

例えばゲーム実況ならゲーム、料理系なら料理が何より大切ですよね?

そのようなジャンルはここに挙げたもの以外にもたくさんあると思いますが、その場合顔出しはあまり重要ではありません。

後から顔出しをするのは?

顔出しのデメリットの一つに「恥ずかしい」ということがありましたが、その理由が「人気がないのに顔出しするのが恥ずかしい」だという人もいるでしょう。

例えば「チャンネル登録者数100万人もいれば堂々と顔出しができるのに!」と思っている人もいますよね。

そこで、「人気が出て後から顔出しをする」のはどうなのでしょう?

実際そうしているYouTuberも少なくないですよね。

一つの手段としてそのような手順を踏むのはなしではないのですが、それならば始めから顔出しをする方がおすすめ。

なぜかというと、人気が出て後から顔出しをすることには以下のようなデメリットがあるからです。

  • 調子に乗んなと叩かれる
  • ファンがギャップを感じて離れていく
  • 単純にイメージダウンの可能性がある

この点に関してもイケメン・美人であれば後から顔出しすることによってプラスに働くという場合もありますが、結局は顔の問題。

「ぶっちゃけ顔に自信はあるけど最初は恥ずかしいから隠して、人気になったら顔出ししよう!」はあり。

「あんまり顔に自信がないから隠してきたけど、人気になったからいけるんじゃないか!?」は結構リスクが高いです。

しかし人気を獲得することを最優先に考えるのであれば、顔の良し悪しに関わらず始めから顔出ししておいた方が良いです。

まとめ

YouTube活動をする上での顔出しについてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

最後にメリット・デメリットをまとめてみると以下の通りです。

顔出しのメリット
・個性が出やすい
・人気が出やすい
・イケメンor美人はかなり有利
顔出しのデメリット
・恥ずかしい
・身元がバレる
・おブスは不利になるかも(ネタにするなら有利)

これについての注意点ももう一度まとめてみると、イケメン・美人が有利になるのはどのジャンルでもほぼ間違いありません。

しかしおブスの場合はジャンルによっても都合が異なりますし、比較的顔出しが重要ではないジャンルもあります。

また「人気が出て後から顔出しする」という選択肢もありますが、やはり人気を得たいのであれば基本的に最初から顔出しした方が有利です。

以上これらを踏まえて、実際に顔出しをするかどうかを決めてみてください。