YouTuber事務所の入り方・所属条件まとめ

今や人気YouTuberならどこかしらの事務所に所属しているのが当たり前になってきました。

動画制作以外に関してもあらゆる面でサポートを受けることができるので当然と言えば当然ですよね。

そしてこれからYouTuberになろうと考えている人、またYouTube活動を始めたばかりの人もYouTuber事務所に入りたいと思っていると思うので、今回は各YouTuber事務所の入り方や所属条件をまとめていきます。




YouTuber事務所に入るメリット・デメリット

今や人気YouTuberなら所属していて当然のYouTuber事務所。

YouTube活動をしている人なら誰もがUUUMなどの有名事務所に所属したいと思っているでしょうが、事務所に所属するとどんなメリットがあるのでしょう?

まずはそのメリット・デメリットを簡単にまとめていきます。

YouTuber事務所のメリット
・動画制作のサポートをしてもらえる
・ステータスになる
・他のYouTuberとコラボがしやすい
・イベントに出演できる
・グッズ製作をしてもらえる
・プレゼントやファンレターの受け取り先になる
・企業案件を受けることができる
YouTuber事務所のデメリット
・収益の一部を取られる
・動画内容を制限される可能性がある

YouTuber事務所のメリットとデメリットはこんな感じですが、結論から言ってしまうと基本的にYouTuber事務所には入った方がいいです!!

なぜかというと理由はシンプルで、所属するメリットがデメリットをはるかに上回っているから。

まず「収益の一部を取られる」ということですが、例えばUUUMだと動画の広告収入の20%を事務所に納めなくてはなりません。

仮に1000万円を稼いでも200万円は事務所に取られてしまうということですが、UUUMに所属すると企業案件・イベント・グッズなどの報酬も格段に増えるのでまず間違いなく広告収入の20%以上はもらえます。(もちろん人気度合いなどによって差はありますが)

そして「動画内容を制限される」ということですが、知っての通り、YouTubeの規約はだんだん厳しくなってきていて、有名YouTuberでも突然チャンネルがBANされてしまうことも珍しくありません。

となるとここはむしろチャンネルを守るためのストッパーになると考えられますよね?

いくら過激さが売りのYouTuberでも、チャンネルが削除されるよりは内容を制限される方がよっぽどマシです。

しかし例外もあり、それは事務所のサポートがなくても十分活動ができる場合。

例えば大人気キッズチャンネルの「Kan&Aki’sチャンネル」はUUUMを脱退して個人事務所を立ち上げましたが、その理由は節税するためと噂されています。

確かにキッズチャンネルだと大人のYouTuberと違ってイベントや企業案件に積極的になれませんし、親がきちんとサポートすればYouTube活動自体を続けるのは難しくありませんからね。

他にも動画のジャンルによってはYouTuber事務所に所属しなくてもいい場合も出てくると思いますが、YouTuber事務所のメリット・デメリットについてより詳しくはこちらのページをご覧ください。

おすすめのYouTuber事務所

またYouTuber事務所と言ってもマイナーどころを含めると実は国内にも多数存在します。

そんな中でおすすめの事務所はどこかというと、やっぱりUUUMですよね。

元から会社規模・信頼度・YouTuberに対する対応・その他もろもろにおいて他の事務所には圧倒的な差をつけていましたが、2018年にGENESIS ONE勢を吸収してから日本のYouTube業界は完全にUUUM一強になったと言ってもいいでしょう。

まあ一応他の事務所の含めても、おすすめのYouTuber事務所は今のところ…

  • UUUM
  • VAZ
  • Kiii

以上の3社ですね。(VAZも最近は色々問題が浮上していますが…)

それ以外の事務所は正直おすすめしませんが、一応こちらのページではこれらを含め国内のYouTuber事務所をまとめているので、興味があればご覧ください。




YouTuber事務所の入り方

それでは各YouTuber事務所の入り方・所属条件をまとめていきますが、今回は先ほども言った

  • UUUM
  • VAZ
  • Kiii

この3社をまとめていきます!

興味があるYouTuber事務所をチェックしてみてください!

UUUMの入り方

おそらくYouTuber事務所に所属したいと考えている人のほぼ全員はUUUMに入りたがっていると思いますが、大前提としてUUUMには「UUUM直属クリエイター」「UUUMネットワーク所属クリエイター」の2種類があります。

まず「UUUM直属クリエイター」とははじめしゃちょーやヒカキンなどのUUUMの中でもトップクラスの人気を持つクリエイターのことを指します。

ほとんどのYouTuberが数十万人・数百人のチャンネル登録者数を抱える人気YouTuberで、いわゆる1軍といったところ。

対して「UUUMネットワーク所属クリエイター」とは研修生のようなもの。

所属することによって動画制作におけるサポートを受けたりノウハウを学んだりすることができるのですが、さすがに直属のクリエイターほど良くしてもらえるというわけではありません。

まだYouTuber人口が少なかった頃はUUUMから直接スカウトが来ていたものですが、今ではまずUUUMネットワークに所属し、そこから昇格を目指すというのが王道のパターン。

水溜りボンドを始め、数々の人気YouTuberがその道を辿ってきています。

昔は「UUUMネットワークに所属しても意味がない」なんて言われていましたが、直属のクリエイターになりやすくというだけでも所属しておいた方がいいでしょう。

一応広告収入額が月5,000円以上のクリエイターのみ、手数料として毎月500円を支払わなければいけませんが、それくらいなら十分払う価値があります。

UUUMに所属するより詳しい方法はこちらの記事で解説しています。

VAZの入り方

スカイピースやねおを始め、若い世代のトップクリエイターが何人も所属しているVAZ。

2017年にはオーディションが開催されていましたが、それ以降はそのようなクリエイター募集イベントもなく、また公式HPに募集ページが設けられているわけではないので、お問い合わせフォームから連絡するしかなさそうです。

お問い合わせフォームはVAZの公式HPに設置されています。

赤い四角で囲まれている「CONTACT」という欄をクリックして専用ページに行きましょう。

お問い合わせにはいくつか種類があるので、まずは「その他のお問い合わせ」というところをクリックして各項目に必要事項を記入しましょう。

そして「お問い合わせ内容」という欄には自由に記入することができるので、そこに以下の内容を記入して送信しましょう。

  • 簡単な挨拶
  • 自己紹介(名前・性別・年齢・職業など)
  • VAZに所属したいという旨
  • チャンネル名
  • チャンネルURL
  • チャンネル内容の簡単な紹介
  • チャンネル登録者数
  • 動画の再生回数
  • 活動歴
  • YouTube以外のSNSアカウント

最低限以上の項目は記入しておいた方がいいでしょう。

あとは意気込みや目標なんかを書いて、スタッフに好印象を持たれる文章になれば最高ですね。

またVAZの場合もUUUMと同じように「VAZクリエイター」「VAZアカデミー」というように1軍・2軍と分かれています。

当然最初はVAZアカデミーから始めることになると思いますが、VAZアカデミーの中にはチャンネル登録者数が数百人・数千人程度のいわゆる底辺YouTuberも多いため、そこまでハードルは高くなさそうです。

Kiiiの入り方

最後にKiiiの応募方法についてまとめていきます。

YouTuberの中では中堅どころが結構何組も所属していて、チャンネル登録者数100万人を超える大人気YouTuberもちらほらいる事務所ですね。

Kiiiも上の二つと同じように、直属のクリエイターと見習いである「Kiii cube所属クリエイター」に分かれて、まずは「Kiii cube」からスタートすることになります。

ただKiiiの場合は「チャンネル登録者数10万人以下がKiii cube所属」と明確に区切られているので、逆に言えば10万人以上になればすぐトップYouTuberに近いサポートを受けることができるということでしょう。

まずはKiiiの公式HPの右上部分をクリックして「Kiii cube」専門ページに行きましょう。

そこから応募することができるので、注意事項などをよく確認し、必要事項を記入してから送信します。

Kiiiの場合は必要事項が細かく設定されていて自由欄にはほとんど記入することがないので…

  • 簡単な自己紹介
  • 簡単なチャンネル紹介
  • ちょっとした挨拶

上のようなことを書いておけば十分だと思います。

ちなみにKiii cubeにも数百人程度のYouTuberが所属していたのでハードルは高くないでしょう。

あとUUUMに比べると結構幅広いジャンルのYouTuberを採用してくれる傾向にあるようです。

まとめ

UUUM・VAZ・Kiiiのそれぞれの所属方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?(UUUMの所属方法のみこちらで詳しく解説しています

まず覚えておかなければいけないこととして、どの事務所も以下のように2軍から始まることになります。

  • UUUM:UUUMネットワーク
  • VAZ:VAZアカデミー
  • Kiii:Kiii cube

正直そこに所属したところで企業案件を紹介してもらえたり、イベントに出演させてもらえるということはほとんどないと思いますが、直属クリエイターへのステップとしては有効な手順です。

それに動画のジャンルにもよりますが、チャンネル登録者数が数千人もいればおそらく所属することができると思うのでハードルは高くありません。

1万人いればほぼ間違いないのではないでしょうか?

ただ注意点として、第1希望の事務所の審査に落ちたからといって違う事務所に応募するということはおすすめしません。

基本的に同じ事務所に何度も応募することもできますし、後から事務所を移動しようとすると色々面倒です。

どうせ全然人気がないうちはまともなサポートは受けられませんし、ある程度人気が出てこればどの事務所にも受け入れてもらえると思うので、目先のことだけ考えて適当な事務所に所属するのはやめておきましょう。